ある発達障害者による自己観察と雑記

ADHDと診断された20代男性によるブログ。気分でタイトル変えます。

タイトル変えました

発達障害と化していたmachin_man先輩.adhd ← 発達障害は生まれつき

それとアスペ

 

このブログでは引き続き発達障害と、発達障害に関係ないことも書いていこうと思います。

記事を読んで私のように希死願望を強めてしまうこともあるかもしれません。

閲覧注意の内容を含みそうなときはカテゴリに追加します

無題

1年以上服用したことで

私とストラテラの相性がわかってきた

今ではもう、なくてはならない薬となっている

 

雑音が勉強のパフォーマンスを落としていることに気が付きやすい

過集中を自覚しやすい

これだけでも私は大いに助かっている

 

不安がないわけではない

耐性がつかないから飲んだけれど

薬をすぐに断てるようにはなれない

薬がないと雑音に飲まれる昔の私が戻ってくる

それが怖くて、薬を手放すのが怖い

一生飲むつもりで過ごしている

 

前回の書き込みからも絶望は拭えていない

私が死ぬほか解決方法はない

このストレスに抗うために薬などで思考力を保つ

ストレスに潰されてはならない

日常

作業所に通うことにした。

服薬することで今まで見えてなかった自分の弱い部分を発見できるようになった。

 

私がいかにこの世に向いてない存在であるか

服薬で解決できること

できないこと

私がどんな職に向いているか

 

色々わかった

そして絶望した

日常

自律神経がめちゃくちゃ

季節の変わり目は毎日体調不良

普通の体が・・普通の脳がほしい

 

ストラテラは80mg

副作用は全く感じない

性欲は激しくないものの、ある

腹痛もない

ジュースを飲んで美味しいと感じる

ネカマして楽しいと感じる

私なりに充実しているのかもしれない

日常

期限内に〜とか言われても困る

前例があまりにも少ない事象に直面していて期限内だって?

ヤケクソで笑うしかない

日常

ネトゲでもだめだ。

無能っぷりが出た

学習力がない

人生を悲観することしかできない

 

慣れない仕事になるとこの無能っぷりでもっと居づらくなるのか

私には耐えきれると思えない

日常

一度に沢山の情報サイトを受けとるとパニックになる

リアルで失敗しまくりネガティブな受け取り方がデフォになった。

ネトゲでもそうだ。

気がつけばネトゲでさえ発言しなくなった。

 

疲れている。